ASHAのこれまで

ASHAのなりたち

”なぜ途上国でITなのか?”なぜ医療自体の支援ではなく、医療を提供する仕組みの支援なのか?”
この活動をしていると、そんなご質問をいただくことがよくあります。

それぞれ、「今あるものでは足りていないから、補うために、ITの力を借りる」「医療そのものを提供すると、私達が去ったあとに何も残らない。日本から支援をするのなら、現地の仕組みづくりのお手伝いをすべきと考えている」と考えているのですが、ここでは、そんなASHAの活動を開始するまでの経緯を少しご紹介できればと思います。


きっかけは、2015年4月に発生したネパール大震災。当時、公衆衛生の大学院に入学したばかりのサッキャと任は、大震災の前日に出会いました。その翌日、まさかネパールで大地震が起こるとは全く思いもせず、ネパール出身の医師・サッキャと、大学の学部の卒論もネパールの医療について書いた任はネパール談義に花を咲かせていました。

出会いから半日も立たないうちに、ネパール大震災が発生し、その出会いに何か運命的なものを感じた2人は、その後、何かネパールで支援をできないかを検討します。

結局、現地で活動するNGOの協力も得ながら、ネパールの震源地近くの村でヘルスキャンプ(出張診療)を行いました。すると、その村にとっては、4年ぶりに来た医師だと言うサッキャの診察には長蛇の列・・・結局2日間同行メンバー総出で患者さんの診療を行いました。

・・・ただ、日本に帰ってきて2人が感じたのは、

「誰も何も村人の健康について理解していなかったため、本当にすべきことはできていないのではないか?」「今後もしあの村に医師が行っても、何もわからないままでは、自分たちと同じことを感じて終わるのではないか」

「それどころか、自分たちが行ったことは、この先何も続かないのではないか?」

・・・といったことでした。


その原因を考えると、医療職が折角医療を提供しても、何の記録も保管されていない、活用されていないことなのではないか・・・?という考えに行き着きました。そこで私達が思いついたのが、

医療の情報を適切に管理するサポートをすることで、継続的に医療を提供することも、医療のニーズを可視化して最適な医療・保健サービスを提供することもできるのではないか?

というアイデアでした。

当時、偶然にも大学院で、情報工学系や医学系がコラボするプログラムを副専攻としていた2人は、その場を活用し、力強いメンバーを得て、NPO法人ASHAの前身「ASHA Nepal Project Team」を立ち上げました。


"ASHA"に込められた想い

Story of the logo

ASHAのロゴは、デザイナーのマルヤマヤスオ様にデザインしていただき、法人設立前から使用しています。

このロゴは、設立メンバーの想いを汲んで、
右側のハートは命・心のシンボル、左側の円は輪・和のシンボル
それらを重ねることで、命の輪、心の和
を表現してくださいました。

また、色は世界一の山国・ネパールの山に登る朝日を表したもので、これから発展していく世界一の山国ネパールに命のASHA(希望)、幸せな暮らしを届けるプロジェクトになれるように、との想いが込められています。